2015年10月24日

アパルトヘイト国家イスラエルでのコンサート中止のお願い

イスラエル軍によるパレスチナ人に対する攻撃がエスカレートする中、ジャズピアニストの上原ひろみさんによるテルアビヴ公演が来月16日に予定されています。このことに対し、10月23日、市民団体6団体が連名で公演キャンセルを要請するメッセージをメールで送付しました。

上原 ひろみ さま

アパルトヘイト国家イスラエルでのコンサート中止のお願い


私たちは、現在、イスラエルがパレスチナ人に対して行っている深刻な人権侵害、戦争犯罪行為について憂慮し、そうした状況がなくなることを願い、ささやかな活動を行っている市民団体です。

とりわけ、現在、イスラエル軍による暴力は日に日に激しくなっており、10月に入ってだけで50人以上のパレスチナ人が殺害されています。そうした人道的危機状況の中、あなたがイスラエルでコンサートを開催するということが、「イスラエルは中東で唯一、文化的で民主的で普通の国」という同国の広報外交に寄与し、そのアパルトヘイト国家としての側面を不可視化させる意味を帯びてしまうことについて私たちは憂慮せざるを得ません。

最近、ボン・ジョヴィのイスラエルでのライヴに対し、元ピンク・フロイドのベーシストであるロジャー・ウォーターズが、「イスラエル政府のアパルトヘイトを助長するようなことはしないようにと、事細で時には説き伏せるような手紙を書くこと」に辟易していることを表明しつつ、それでも書簡を送っていますから、イスラエルでのコンサートに参加なさるあなたも読まれたに違いありません。

ロジャー・ウォーターズは書いています。「君たちがライヴで肩を並べるのはこんなやつらだ。赤子を燃やしたテロリスト/レイチェル・コリーをひき殺したブルドーザー運転手/サッカー選手の脚を射ち砕いた兵士/浜辺にいた男の子たちを砲撃した海兵/緑のシャツを着た子どもを殺した射撃兵/13歳の女の子にライフル銃の弾をすべて射ち尽くした男/ジェノサイドを命じた法務大臣」

そして続けます。「君にだってできたはずだ、正義の立場に立つことが。難民キャンプに爆弾を投下するのを拒んだパイロット/兵役よりも8度目の刑期を選んだ若者/自由を得られるまで266日間ハンガーストライキした受刑者/人びとの命を救うはずが入国を禁じられた医師/分離壁に向かって行進し迫害された農民/がれきの中で育った足の無い子ども、そして突然成長を断たれた550人の子どもたち、それというのも、わたしたちがこしらえたミサイルや砲弾や銃弾で」

ロジャー・ウォーターズは「傍らにいながら沈黙し無関心でいることこそ最大の罪」と締めくくります。米国で過ごすあなたであれば、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの残した言葉とされる「最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である - The ultimate tragedy is not the oppression and cruelty by the bad people but the silence over that by the good people 」を思い起こすかもしれません。

ロジャー・ウォーターズの公開書簡の原文のURLを記します。彼が拾いだした海兵や射撃兵、あるいはパイロットや医師の記事へのリンクがあります。
原文:Roger Waters to Jon Bon Jovi: “You stand shoulder to shoulder with the settler who burned the baby”

でも、上原ひろみさん、あなたに読んで欲しい記事をひとつ選ぶなら、脚を射ち砕かれたサッカー選手の記事です。ふたりのうちのひとりは両脚に1発ずつの銃弾、もうひとりは、左脚に7発、右脚に3発、そして左手に1発、11発の銃弾を受けています。通常なら命を狙うところ(ガザに対する空爆では、やはりナショナルチームメンバー3人が殺戮されていますが)、サッカー選手故に、故意に脚に銃弾を集中させたと見えないでしょうか、二度とサッカーができない事を嘆き悲しみながら生きるよう強いる悪意で。

上原ひろみさん、想像してみてください。あなたが指を射ち砕かれたらと、それもピアニスト故に、と。どうぞ、彼らの嘆きに思いを馳せてください。そして、イスラエルがアパルトヘイト政策を放棄するまで、イスラエルでのコンサートに参加しないと決意してください。

2015年10月23日

アハリー・アラブ病院を支援する会
「ストップ!ソーダストリーム」キャンペーン
占領に反対する芸術家たち
パレスチナと仙台を結ぶ会
パレスチナの平和を考える会
フェミニズムとレズビアン・アートの会
(50音順)

posted by mizya at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | 更新情報をチェックする

An open letter to a pianist Hiromi Uehara: Please cancel the concert in Israel

Hiromi Uehara, a Japanese Jazz pianist is scheduled to perform in Tel Aviv on 16th of November, while Israeli attack on Palestinian people are escalating. We, as a coalition of civil society, have sent email to require her to cancel the concert.

Below is the English translation of the message (in Japanese) sent to Hiromi Uehara via email:

Dear Ms. Hiromi Uehara

Please cancel the concert in Tel Aviv, in the Apartheid state

We are a coalition of civil society concerned with Israeli war crime and serious human-rights abuse on Palestinians that is working locally for ending such an injustice.

The violence committed by Israeli army is being intensified day by day recently: more than 50 Palestinians were killed only in October. We are strongly concerned that your concert in Israel would contribute to amplify the Israeli propaganda of only "cultural, democratic and normal" state in the Middle East and make its aspect of the apartheid policy invisible.

You might have read an open letter by Roger Waters to Bon Jovi to call cancellation of the gig in Israel. He says: “You stand shoulder to shoulder/ With the settler who burned the baby/ With the bulldozer driver who crushed Rachel Corrie/ With the soldier who shot the soccer player’s feet to bits/ With the sailor who shelled the boys on the beach/ With the sniper who killed the kid in the green shirt/ And the one who emptied his clip into the 13-year-old girl/ And the Minister of Justice who called for genocide”

And he continues: “On the side of justice/ With the pilot who refused to bomb refugee camps/ With the teenager who chose eight prison terms over army service/ With the prisoner who fasted for 266 days until freedom/ With the doctor banned from entry for saving lives/ With the farmer who was cut down marching to the wall/ With the legless child growing up in the rubble/ And the 550 others who won’t grow up at all/ Because of the missiles and tank shells and bullets we sent”

Roger concludes: “To stand by silent and indifferent is the greatest crime of all.” You, living in the US, might come up with the words that Martin Luther King Jr. left: The ultimate tragedy is not the oppression and cruelty by the bad people but the silence over that by the good people.

Here is a link to the letter by Roger. You can jump from the page to the articles about the sailor, the sniper, the pilot and the doctor that are mentioned in the letter.

We especially recommend you to read the article on the incident that the Israeli forces shot two Palestinian soccer players repeatedly into their legs and feet - 2 bullets into Adam and 10 bullets into Jawhar. Don’t you think that the soldiers shot deliberately breaking their legs and feet to force them to grieve over the loss of their lives as soccer players?

Ms. Hiromi Uehara, please imagine that you are shot on your fingers - due to your career as a pianist. Please think of the Palestinians’ grief. And, please be determined not to perform in Israel until it abandons the policy of apartheid.


23rd of Oct, 2015

•Artists against Occupation
•Feminism and Lesbian Art working group
•Palestine Forum Japan
•Palestine-Sendai Friendship Group
•Support Organization for Ahli Arab Hospital
•Stop SodaStream Japan

posted by mizya at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。